なんだかワケのわからないタイトルですが、そもそもiCloudはAppleデバイスの様々な情報を同期させる機能です。その中には当然Safariのブックマーク同期も含まれます。iPhoneでブックマークしたら、それがiPadやPCのSafariでも同期されるという便利なものです。

もうずいぶん前からなんだけど、このブックマークが何重にもダブって登録されている状態が続いていました。普通であればどれかのSafariのブックマークを整理してやると、他のデバイスのSafariにも反映されるハズなのですが、どうもうまくいかない状態が続いてました。

具体的には、iPadのブックマークがどうやっても削除できないんですよね。。。

これはiPhoneの設定画面ですが、iCloudの同期項目選択画面のSafariをオフにします。
c6da30d6.jpg


そうすると、iPhone上のブックマークを残すか削除するか聞いてきます。
765fe629.jpg


ここで「iPhoneから削除」すると、iPhoneSafariのブックマークはきれいサッパリ空になります。普通は。しかし、iPadでこれをやってもそのまま残ってしまうんですよね。何度やっても、設定をリセットしてもダメ、初期化してもバックアップから復元するとブックマークも復元される。。。

過去のiPadやiPhoneの機種変更に伴う弊害かもしれませんが、結局解決策がわからなかったし、そもそもChromeをメインブラウザで使ってたので放ったらかしにしてました。

ところが、拡張機能を入れすぎたのが原因なのか?Chromeが重くてストレスを感じるようになってきたため、少しSafariを触ると結構快適。で、iPhoneやiPad等との連携を考えると、やっぱりSafariが何かと便利かな〜ということで先のブックマーク整理に再挑戦してみました。


Chromeの最新のブックマークをエクスポートして保存
     ↓
PCSafariのiCloud同期をオフにする
     ↓
PCSafariのブックマークを全件削除
     ↓
iPhoneの「iPhoneから削除」で、ブックマークをカラっぽにする
     ↓ 
どうしてもブックマークの削除できないiPadは初期化して、新しいiPadとして設定
     ↓
PCSafariにChromeからエクスポートしたブックマークをインポート
     ↓
もう一度整理
     ↓
iPhoneとiPadのiCloudのSafari同期をオンにする


これで、全てのデバイスのSafariがキレイに同期されました。結論から言えば、どうしても削除できないiPhoneやiPadのブックマークは、初期化して復元もせずに新しいiPhoneやiPadとして再設定するしか無さそうです。

他に解決策があったのかも知れませんが、ネット上にも発見出来なかったので、同じような症状で困っているひとがいれば参考になるかな?と思ったのと、備忘録的に書いてみました。