ホリエモンこと堀江貴文氏の著書はこれまでにもいろいろ読んだことがあるのだけど、逮捕・収監された後初めての著書ということで、どんな内容なのか興味深く読んでみました。

6fecd09e.jpg


過去の著書は良い意味でも悪い意味でも、世間を騒がすIT寵児“ホリエモン”として描かれていた側面が強かったけど、今回は生い立ちや家族関係、自身の離婚等、“人間・堀江貴文”が描かれていてとても良かったんじゃないかな。

共感する部分もたくさんあったのだけど、中でも「何事も自信が無いからキョドる」「自信をつけるには、小さな成功体験を積み重ねるしかない」「一歩踏み出すかどうかの差」など、イチローなどのアスリートにも共通する考え方には、そうだな〜と思うことしきり。

僕も年齢的にはオヤジだけど、何事もチャレンジして小さな成功を積み重ねていけば、心はいつまでも若いままだね!頑張りましょう。

ゼロ
堀江 貴文
ダイヤモンド社
2013-11-05