ウェブサイトやシステムを制作するにあたり、最近はワイヤーフレームを使って、細かい画面推移や構成を詰めることを心がけています。もちろん以前もうやってましたが、トップページと主要階層・ページだけで端折ることもありました。(今もシンプルなものであればそうしてますが)



時間はかかるけど、後でデザイナーが画面を起こすときもやりやすいし、システムの矛盾が起こらないよう、事前につじつまの合わない部分を洗い出すのは大事です。


で、こういうときに便利なサービスでいつも使ってるのが、CACOO(カクー)です。Web上でサイトマップやワイヤーフレーム、UML、ネットワーク図などの図を簡単に作成できるサービスです。共有機能やチャット機能が充実しており、コラボレーションしながら作成できるのが特徴です。

55



さぁ、コイツであれやこれやの案件を形にしていこう!