新しいiPadやiPad miniが発表されましたね。個人的にはiPhone6+iOS8になったばかりなので、正直まだまだ目が向きません。というか、iPadの稼働時間は減ってる気がします(^_^;)

同時に発表されたのが、新しいMacOS“Yosemite”。前回のMaverickもそうだったけど、対象機種であれば無料でアップデートできるのが嬉しいところ。クリエイターのようにヘヴィーなアプリはインストールしてないので、MacBook ProもAirも同時にアップデートしてみました。

04 午後



ここでもSSDであるAirは早いですねー。やっぱりこれからはSSDが主流かな?容量とコストの問題はあるにしても。

iPhoneやiPadを使ってると、PCはMacでないとアカンでしょ!?と思わせるような方向にますます進化してます。Macで行ってるメールやアプリでの作業の続きをiPhoneでする。。。みたいにシームレスなこともできるようですし(まだやってない)、iPhoneにかかってきた電話をMacで受けられるとか、反対にかけられるとかも出来ます。

地味に便利だと思ったのが、テザリング時に子機から設定できること。今まではiPhoneのインターネット共有をONにして、MacBook等のWi-Fi接続ポイント一覧から探して繋ぐ必要があったのだけど、これからはMacBookからの作業だけでOKです。これは出先でちゃちゃっとネット接続したい時に感じてた、待ち時間のイラっ!を解消してくれます。


見た目もiOS的なフラットデザインに統一されました。

このハードウェア・ソフトウェアの統一感は、全てを作っているアップルでしか出来ないでしょうね。

この流れの延長線上にあるであろう、Apple Watchの発売も楽しみです。