ずいぶん前から、あの手この手でWindows10へアップデートさせようとしてきたMicrosoft。



いつからか、「お使いのPCはウインドウズ10に無料でバージョンアップできます・・・」的なポップアップがしつこく表示されては消し(無視)、表示されては消しの繰り返し。

           ↓

業を煮やした?Microsoftは英語のポップアップに切り替え
(英語だと内容がよくわからないので、ハイハイと承認するユーザーがたくさんいると思ったか?)

           ↓

それも無視してるとつ「2016年5月20日◯◯時にアップデートします」なポップアップが出たのでさすがに慌てました。

00



今まではインストールしているソフトに不具合等が出ると困るので頑なに拒否ってたけど、あまりの執念深さに負けて?アップデートを決行。ま、Windowsマシンは会計ソフトためだけに使っているようなものなので、そいつの互換性を確認し大丈夫ってわかったからですけどね(笑)


なんだかんだと午前中いっぱいくらい時間を要し、こんな表示はでたけど一抹の不安が。
IMG_2970



結論は・・・無事会計ソフトも動いてるし、大きな問題は無さそうで一安心です。


何より例のウザいポップアップが出なくなったのが一番良かったことだったり(笑)


それにしてもOSの無償配布(しかも半強制的)はMicrosoftでは超異例なこと。Appleでは以前から無償でOSのアップデートが行われていたので、いよいよそういう時代なんですね。