カンマン社長日記

「世の人は われをなにともゆはばいへ わが成すことは われのみぞ知る」

徳島という辺境の地?にありながら『ランチェスター弱者の法則』に則り、
ニッチなエリアや部門でオンリーワンを目指しています!

携帯

フィーチャーフォンがなくなる!?

ドコモの夏モデルには、ついにフィーチャーフォンがキッズ携帯の1機種だけになって、imode搭載機は無かったそうです。残念ながら、期待のiPhoneはやはりダメっぽいですね。

14afc8fb



政治的な理由もあるのかも知れないけど、あれだけAndroidのラインナップを拡張して大丈夫なの?って思ったりもします。キャリアのエンジニアが「Googleが公開したものは不完全で、相当手を入れないと商品化出来ない」というコメントもありましたから。各キャリアがブラッシュアップしつつ、メーカーが独自色を出すためにさらにカスタマイズする。後々のアップデートで困るのは必定。

「ドコモクラウド」のサービス開始や、角川書店と共同でスマートフォン向けアニメ配信事業を行う合弁会社「ドコモ・アニメストア」を設立し、dマーケット内に「アニメストア」を開始したり、「MUSICストア」に定額サービスを導入するなどdマーケットの拡充を行なうそうです。コンテンツホルダーにコダワッていますね。土管屋にはならないゾ!という決意表明でしょうか?(笑)


さらにWindowsフォンも投入するらしいですね!百花繚乱で面白いしユーザーにも選択肢が増えるのは誠に良いことだけど、後々もちゃんんとフォローしていただければと思います。


いまごろガラケー!?

某システムのチェックのために、ドコモ、au、ソフトバンクのガラケー(フューチャーフォンて言うの?)を最低1台確保していたのですが、スタッフの端末に頼っていたauはiPhoneへの移行とともに無くなってしまいました。。。

エミュレータ等を使ってのチェックも限界があります。案の定、改修が必要な部分が発生したので、速攻でauショップに行ってガラケーを契約してきました。

やはり実機を使ってチェックしないとダメですねー。某社対してはそう言ってたハズなのに(^_^;)

写真 2


それにしてもスマホで一番出遅れたauですが、Android au のキャッチコピー以来ガンガンAndroid端末を出すし、最近ではiPhoneまで持つに至り、一大スマホキャリアとなりました。ショップの店頭でもAndroid携帯、タブレット、iPhoneがメインにディスプレイされていますねー。

写真 1


セットアップの待ち時間にAndroid3.0搭載のタブレットを触ってたのですが、やはりiPadの滑らかさというか人の感性にピタっとくる動作とは、まだまだかなりの差があるように感じました。これこそ、スティーブ・ジョブズが最も大切にしていたもののひとつなんだろうなーって、納得した次第です。

iPhone4Sを触ってたら、そのキビキビ感とカメラ機能だけで欲しくなってしまいました。メールのプッシュ送信やiMessage等は3月までには対応するそうだし。。。いやいや、5待ちと決めたハズ!しばらく近寄らないでおこう(笑)


2つのニュース

今日のビッグニュースは、auから発売になったWindow Phone IS12TとAppleのスティーブ・ジョブズ氏の退任でしょう。

Window Phone IS12Tはハード(東芝)やOSの完成度が高いようで、アプリなどはまだまだというところですが、iPhoneやiPhoneを真似たAndroidとは全く違うUIや、個人的には実は最も重要なポイントではないかと思っている「ヌルヌル感」はiPhoneと同等・・・という、ちょっと気になる存在。



う〜ん、実機を触ってみたい!

Appleは、ついに“その日”が来たということで株価も下落してるようですが、カリスマ無き後の組織をまとめるのは並大抵ではないでしょう。徐々に集団指導体制に持っていくのでしょうけど、天才がいなくなると今までのような革新的な製品やサービスが生まれ続けるのか?それが最も興味があります。

そして、久しぶりにiPadからデジタルブックを購入。MOTONAVIを買いたいなぁと思っても、なかなか本屋に行けなかったり、雑誌は後で処分が面倒だし何より安い!1,200円のMOTONAVIが350円で購入できるのですから!

写真 1


写真 2


PCでもiPhoneでも読むことができます。素晴らしい!

ということで、ますますAppleには頑張って欲しい!!

過去の栄光か捲土重来か

PCの覇者がモバイルの覇者とは成り得ない。。。

Windows Phoneを見て(実機ではないけど)そう思う。日本メーカーのものだしハードウェアそのものは出来が良いのだろうけど、1年後には消えて無くなってる可能性が高いな。。。

p_angle_01


iOSとAndroidが熾烈なシェア争いをしてるなか、iPhone以外は各社がAndroidOSを自社製品用にカスタマイズ&チューニングとその経験が蓄積されいる。そんな時に、Windows Phoneの開発はリスキーだと思う。

アプリも同じで、シェアが無い市場に優先的に開発するところは少ないのでは?そうなると、ユーザー側から見ると、欲しいアプリが無いので魅力的ではない。iPhoneなんて「こんなの欲しいな」と思って検索すると、たいていは存在するし、Androidもそうなりつつある。

やはり過去の成功体験が足かせとなって、遅きに失したというのが正直な印象。「Windows」というブランドも“古臭い”レガシーなテクノロジーを連想させる。。。


超レアアイテムになるかも知れないので、会社でひとつくらい持っててもいいかもです(笑)




SMSが見直されるかも!?

今日からキャリア間のSMSサービスが利用できるようになりましたね。SMS(ショート・メッセージ・サービス)とは、電話番号で短文を送信できるサービスで、Eメールが普及する前からありました。

sms-news



今までは同じキャリア間でないと使えないし、文字数も限られている、絵文字なども使えない。。。そんな理由で、○○@docomo.ne.jp のようなEメールを使うことがほとんどだったでしょう。

でも、ビジネスシーンでは案外使い勝手があるのかな?などと思います。

電話番号やPCメールを交換していても、携帯メールを交換する場合は少ないと思います。急用があって取引先に電話したけど何らかの都合で出られない場合、PCメールでは速報性が無い、携帯アドレスは知らない・・・なんていうシーンに使えそう。

ただしSMSはパケット料金ではなくて通話料にカウントされるようなので、少し注意が必要かも。受信は無料で、送信は異なるキャリア間で3円程度のようです。(同一キャリア間は今まで通り無料)


詳細は以下の通りです。

■ドコモ …
 国内送信 3.15円
 日本発海外宛(国際SMS) 50円
 海外滞在時(国際ローミング) 100円
 送信可能文字数:半角160文字、全角70文字

■au …
 国内送信 3.15円
 日本発海外宛(国際SMS) 利用不可(※)
 海外滞在時(国際ローミング) 100円
 送信可能文字数:半角100文字、全角50文字

■ソフトバンク …
 国内送信 3.15円
 日本発海外宛(国際SMS) 100円
 海外滞在時(国際ローミング) 100円
 送信可能文字数:全角70文字

■イー・モバイル …
 国内送信 2.1円
 日本発海外宛(国際SMS) 利用不可(※)
 海外滞在時(国際ローミング) 50円
 送信可能文字数:半角160文字、全角70文字


通話料が余って、翌月へ繰越ているような場合にも良いかも知れませんね。

何れにしても選択肢が増えるのは良いことです(^^)

シェアの変化

今日も月末月初の事務作業やらお客様訪問などで、バタバタしていました。

ところで、最近Facebookを開く時間が増えてきました。直近ではtwitterよりも多いでしょう。

自分の中での両者の棲み分けなんですが、twitterはリアルタイムの情報収集用として活用する場合が多く、結構フォローしてる人も多いです。

一方、Facebookは当初はtwitter的に「友人」を増やしていましたが、余りにもノイズが増えた結果、twitterのタイムラインと変わらない状況になってしまいました。そこで一旦整理してほとんどをリアルな友達にしたところ、とても見易くなって、「いいね!」や「シェア」を使う回数が増えました。流行り始めたころのmixiに近いですが、やはり実名と顔出しは安心感があります。

感心するのは、「この人は知り合いではありませんか?」と表示されるその内容が、なかなか正確だということ。このあたりのアルゴリズムはどうなってるのでしょうね!?リアルな知り合いが次々表示されます。

一方、mixiはサッパリ使わなくなってしまいました。今やログインすら滅多にしてないような状況。。。こんなパターンの人は結構多いんじゃないでしょうか?

3年後の勢力分布はどうなってるのやら。その辺りも興味があります。



そいえば、アメリカ市場でAndroidがシェアNo1になったとか。そりゃ各メーカーが競って採用するので、予想どおりです。iPhoneは、ほぼ単一機種で変わらないシェアを持つこと自体が驚き。それにしても携帯市場でMicrosoftの影は非常に薄いですねー。WindowsPhoneを出してもどれくらい売れるのでしょう??

PCの時代とは完全に勢力図が塗変わっているのが面白いのですが、日本メーカーが全然絡んでこないのが寂しいような気がします。




変化への対応

2012年にはスマートフォンが出荷台数で既存の携帯電話を抜き、2015年には契約数の50%を超える!との予測が出ました。(MM総研

1292490336-1



iPhone3Gが発売になった頃、「ワンセグもオサイフケータイも無い。あんなもの誰が使うんだ」とか「物珍しうちだけで、そのうち飽きるよ」といった声が大勢を占めていました。個人的には絶対にトレンドはこちらだろうと思ってましたが、正直これほど早く国内市場が変動するとは思いませんでした。

そして今の感覚としたら、2015年以前に半数を超えるのでは…と思えます。それほど身近でも急速に拡大してるし、都会に行けば普通の若い女性が電車の中で画面をタッチしてるのもありふれた光景となっています。

そうなると我々も変化に対応していかねばなりません。

PCの各種ブラウザ・バージョン違いやガラケー対応は今まで通りに、しかもスマートフォンもiPhoneとAndroid向けに対応しなくなりそうですね。これからはそういうこどが出来ないと生き残れないかも知れません。

頑張らないと!





スマートフォン

CD-Rを買うために近所のPCショップへ行くと、CD-R、DVD-R、Blurayディスク等の媒体の安さに驚いてしまいました。台湾製とかのものは激安ですし(笑)まぁそれほどごくフツーの記録メディアになったということなんでしょう。もうすぐオンデマンド配信の時代になれば、それすらも無くなってしまいそうではありますが。

さらに印象的だったのは、iPhoneやdocomo、auのスマートフォン、タブレットPCの台頭です。東京ではごくフツーの20代の女の子がiPhone触ってるのも全然珍しくなかったけど、こんな地方都市でも確実にその波はきてますね。あれだけ勢いのあったauがスマートフォンで完全に出遅れた結果、顧客の流出に歯止めがかからない。

iPhoneなんて新しもの好きにちょこっと売れて、後はサッパリだろうよ…当初はこんな声が圧倒的でしたが、現状はモドキのフォロワーを大量に発生させるまでになりました。

Androidスマホもおサイフケータイやワンセグといった日本独自の機能を載せてきたり、防水を謳った機種も登場したりで、とても活発になっています。あと5年も経てば、ガラケーのほうが少数派になってるのかも知れません。通話とメールに特化し、すごく安い機種のみとか。。。


とりあえずauには頑張って欲しいですね!


スマートフォン

最近、周りでスマートフォンを持つ人が段々と、加速度的に増えてきているように思います。とても使いやすいし便利なのでそれも当然の流れかなと思いますが、我々のような業種では結構面倒な存在です(笑)

今まではPCか携帯(いわゆるガラケー)かしか、ほぼ選択肢としては無かったので、それに沿ったサイト制作やシステムの対応となっています。が、スマートフォンはウェブにアクセスする場合はPCそのものなので、携帯を前提とした作りのものには対応出来ない場合が多いです。

簡単ログインの対応なんかもそうですね。エミュレーターアプリを通して携帯を装うってアクセスできる場合もありますが、セキュリティのためIPで判別すればそれも出来ないようになります。

あるサイトのシステムをいじって、その部分をクリアすることができました。本当はスマートフォン用の画面やアプリを作ることができれば一番良いのでしょうけど、そう簡単には出来ませんから(笑)

これからはiPhoneを筆頭にしたスマートフォンやiPadのようなタブレットを念頭においておかなければなりません。

難しい時代になったものです・・・けど、これはビジネスチャンスでもあります!



練習中!

iPadの予約受付とともに新型iPhoneの発表も秒読み段階に入ってきましたが、ここに来ていろいろと考え中・・・。


まず、携帯2台持ちが本当にうっとうしくなってきたので、新型iPhoneに乗り換えるならばauからMNPする。でもフツーの携帯で捨てがたいものもある・・・それはFelica。つまりオサイフケータイです。コンビニの支払いや、出張時の電車等は本当に重宝してます。

逆に言えばそれさえクリアすればiPhoneでほぼ事足りるということです。エリアの問題はあるにせよ。。。

そんなこんなで、とりあえず「擬似1台持ち」の環境を作って練習してみよう〜!と思い立ちました。

まず電話ですが、auには転送サービスがあります。これをセットすれば全てiPhoneで受けられます。もちろんauからiPhomeまでの通話料は別途発生するのですが。

メールはauoneメールで受けたものを、iPhoneのMMSへ転送します。


これで電話もメールも全てiPhoneで受けられる環境になりました。実際に電話として使っても、思いのほか“使える”という印象ですね。フリック入力も、慣れれば案外使いやすくて早いです。もっとも発信はauからでないと、どこの誰だかわかってくれません(笑)


Felicaはしょうがないので、suica機能付のクレジットカードに乗換を画策中(笑)

コスト削減と2台持ちの邪魔臭さからか、身の回りでもそろそろ1台にしようかな・・・という話をよく聞くようになりました。

iPadやノートPCのほうは、イー・モバイルですが、ポケットwi-fiのような端末がいいなぁと、ドコモからも6月に発売されるらしいので、いろいろと検討中です。


しかし各社のプランがそれぞれ微妙に異なり、メリットデメリットがぞれぞれあるので、頭が痛いところです・・・。










プロフィール

1963年/徳島市生まれ、1981年/城南高等学校卒業、1985年/京都産業大学卒業、同年/ヤマハ発動機入社、1989年/地元徳島へ帰り、地場流通業キョーエイ入社、1993年/オートラマ(後のフォード)へ異動、2000年1月/カンマン設立に参画、2017年4月/専務取締役就任、2019年4月/代表取締役就任

検索
Google
twitter
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

facebook
Googleアドセンス
QRコード
QRコード
お問い合わせ